練馬区議会委員 練馬区議会 公明党

宮原(みやはら) よしひこ Miyahara Yoshihiko

誠実!スピード!実行力! ―「ひとりの声を 皆さまのために」

【 2012年1月 〜 3月 】
2012年3月30日(金)
本日は社会勉強として東京国立博物館にいきました。
現在ボストン美術館の日本美術の至宝展が開催されていまして、本当に感動しました。
中でも前々から私が見たいと思っていた、曽我蕭白の雲龍図を見ることができました。襖8枚を使っての大胆な墨絵であります。その迫力に圧倒されます。一度必見です。

2012年3月24日(土)
本日地域で親しくして頂いている方の結婚式に出席させて頂きました。
最近の結婚式は、昔と違って本当にあっさりした式典でありました。
人前結婚式で参加した方々が結婚の承認となります。
披露宴はいきなり乾杯の音頭からになりました。
乾杯の音頭を私が取りましたが、本当に緊張しました。
おめでとうございます。

2012年3月19日(月)
中学校卒業式です。
今日は本当に寒い1日でした。
その年、その年により卒業生の状況が全く違います。
その人の個性をのばす教育が必要であります。桜は桜、梅は梅、桃は桃、と自分の個性を是非光らせてください。

2012年3月17日(土)
むさし保育園の卒園式
今まで保育室の果たして来た役割は大変大きいと思います。
東京とはすべて、認証保育園に切り替えようとして、補助金を打ち切りました。
保育園が足りないのにどうゆう事なのか。練馬区独自で補助金をだして支援していますがやはり、以前より少なく経営が大変だという声を頂いております。
保育園の待機児童を解消するためにあらゆる対策を講じていかなければなりません。

2012年3月11日(日)
東日本大震災より1年がたちました。
地震に対する備えについて。

この4年以内でマグニチュード7クラスの首都直下型地震がくる確立は70%であると東大研究チームが発表しました。必ず地震がくるということであります。
この1年間の余震活動では岩手県、茨城県沖でマグニチュード5以上の地震がこの1年間で599回きております。(1日平均2回の来ている計算になります。)また一昨日は東日本大震災3.11より1年が経過しテレビでも特集が組まれ放映されました。

この様な状況から今、地震に対する感心が大変大きくなってきています。

◆ 茨城県沖、南関東  M7 30年以内に70%
東京で、この様な地震がきたとき死者1万1千人、建物の倒壊が85万棟の甚大な被害が予想されています。

◆ そして、災害が起きて3日間は自分自身が、自分とその家族を守らなければなりません(それが自助といいます)
自分を守るために重要なのは、非常用の備蓄品であります。
特に水は食料が重要であります。

宮城県、亘理町の水道の普及は1ヶ月以上もかかりました。飲み水だけ生活用水も必要となります。水の蓄えをしてください。
また、懐中電灯は各部屋に分かるところに置いておきましょう。
スリッパなども突然家を出なければならない時に必要であります。

◆私たちは隣の近所の方々を助けて避難所に避難しなければなりません。
(これを共助といいます。)
3日過ぎてからようやく区からの支援がまいります。
そのためにも3日間の水、食料の備蓄は自分が用意しておきましょう。

◆去年の大震災の時にもお父さん、お母さん、娘さん、息子さんなど都心に働いていた方が自宅に帰ってこれない、帰宅困難者がたくさんでました。
基本的には安全な場所から動かない事が帰宅困難者対策として盛り込まれました。また帰宅困難者ステーションも設置され対応してまいります。

◆今まで言ったことを家族で相談してどこで待ち合わせするのか、どんなものを用意しておくのかよく話し合ってください。
家族の連携が取れなくなった時は、171の災害時伝言ダイヤルが大変有効で災害用伝言ダイヤルの使い方がでています。  
是非一度試してみてください。

◆ 公明党は、高齢者、こども、障害者、妊婦など災害弱者に対する対策を全力で取り組んでおります。とくに、女性からの視点の防災対策など推進し防災計画に盛り込むことができました。練馬区の新しい防災計画にも公明党が提案し盛り込む事ができました。

◆災害時安心シートについては、高齢者、身体の弱い方などイザとなった時のために自分の飲んでいる薬とか、掛かりつけの医者を記入し自分で持って頂くものであります。東日本大震災の時も自分の飲んでいる薬が分からなくて困った方が沢山いらっしゃいました。是非活用して頂きたいと思います。
書いて自分で持ってて頂くものであります。

◆最後に現在、公明党は政府に対して総合経済対策の緊急提言を行いました。
その中に社会資本整備として古くなった橋や、道路の老朽化対策を行い「災害に強いまち」を目指し集中投資を行うことにより、経済対策と防災対策を同時に進める防災・減災ニューディールを提唱しております。
このように、提案しているのは公明党だけであります。
公明党は災害復興に全力をつくします。
これからも公明党は防災対策、安全・安心なまちづくりに全力で取り組んでまいりますので宜しくお願い致します。

2012年3月9日(金)
第1回定例会本会議最終日
ようやく、24年度の予算が決まりました。
いつものように共産党は反対しました。昨年の3.11の時に共産党の予算組み換え動議が出され議会が紛糾し現場に行けなかった事実があります。

2012年3月4日(日)
栄町の50周年記念式典に参加しました。
長い歴史の中で様々な変化がありました。
昔の栄町は市場があり多くのお客様で賑わっていました。
今は本当に少なくなっています。
地域のコミュニテーの基本は町会にあると思います。
今町会の加入率も45%ほどになり大変厳しい状況であります。
新たなコミュニテーが求められています。

■アニメプロジェクトln大泉
2012年3月3日(土)
女性キャラバン隊

2012年3月2日(金)
第1回定例会
追加上程で最終補正予算が提出されました。
ウチの会派より新年度の予算を審議した後に補正予算が出るのはおかしいと幹事長会で発言をさせて頂きました。確かに他区に比べると練馬の定例会は早くはじまります。
少しずらすだけで、補正予算を審議したあとに新年度予算にを扱うことができます。


2012年2月29日(水)
東京に大雪

2012年2月26日(日)
おとり様商店会の新年会
今まで練馬駅南口の商店街は大変ごちゃごちゃしておりましたが、電線を地中化しインターロッキングと舗装を替える事により町並みが本当に変わりました。
行政と商店街の皆様が一体となり取り組んだ結果であります。
是非他の商店街も参考にして頂きたいとおもいます。
私は新年の挨拶で商店街の発展なくして練馬の発展なしと訴えました。
もっと、もっと、他区より練馬に来て頂きたいと思います。

2012年2月22日(水)
江古田駅周辺のまちづくりについてタウンミティングを行いました。
40名ほどの方々から様々な意見を頂きました。
今、孤独死など社会的孤立した家族の問題を取り組んでいかなければなりません。

2012年2月21日(火)
予算特別委員会、議会費、総務費の審議が行われました。
私は練馬区役所の庁舎管理費で質問をしました。
区役所で17%ほどの電力の節約をしました。約1000万円を節約できました。
今後も太陽光などの自然エネルギーを生かした節約を取り組むよう要望いたしました。
また4月より東京電力の企業向けの値上げが予定されているが、断固反対を東京都、国に要望いたします。

2012年2月20日(月)
予算特別委員会、都区財政調整交付金、財政計画についての審議が行われ質問にたちました。
私は財政計画について今後持続可能な運営ができるよう財源確保に努力されるよう訴えました。
また、施設を作るだけでなく、介護にならない予防策、元気高齢者づくり、高齢者のいきがい政策、保育園待機児童対策としてグループ保育、保育ママさんなどの人材育成。健康診査の推進。健康づくり。などソフトに対する財源の比重を置く政策が必要である事を訴えました。長期計画にも盛り込むように要望しました。

2012年2月18日(土)
商店街連合会60周年記念式典に参加しました。
景気が厳しくシャッター通りの商店街がおおくなりました。
商店街の発展なくして練馬区の発展はありません。
1割お得なプレミアム商品券を是非活用してください。

2012年2月12日(日)
軟式少年野球の新年会がありました。
未来の子どもを育てるためにスポーツは大変重要な役割を果たすと思います。
子どもも、大人も一緒になって成長することが必要です。

2012年2月9日(木)
今日、私は公明党を代表して一般質問を行いました。
多くの会派は第1回定例会に幹事長が代表で立ちます。
大変大きな責任を感じます。
大変財政の厳しい中区民福祉を守ることを訴えました。
他にも様々。後でホームページに載せますので読んでください。

2012年2月8日(水)
本日より第1回定例会が始まりました。
第一日目は区長の所信表明であります。
新年度予算に対して、財政が厳しい中選択と集中で予算を組まれたことが発表されました。
中でも、保育園の待機児童の解消、特別養護老人ホームの拡大と重要な課題に予算を配分しています。
公明党が日頃より、要望した事項を取り入れて頂きました。

2012年2月1日(水)
本日、公明党練馬総支部の賀詞交換会を京王プラザホテルで行いました。
多くの参加者に来て頂き本当に感謝いたします。
中でも、高木東京都本部代表、太田議長に参加して頂きました。
太田さんの挨拶がほんとうにすばらしく、「なんとしても応援していかなければ、との思いになりました。」
との多くの皆さんの声を頂きました。
今度は絶対に負けられない戦いであります。
みの引き締まった思いです。

2012年1月25日(水)
今日は中村南スポーツ交流センターで夜7時30分よりタウンミーティングを開かせて頂きました。
練馬駅北口の開発ビルについて話し合いました。
約150床の練馬で初めてのリハビリテーション病院を設置します。
また現在の民主の提案している議員削減に対する意見。
消費税に関する意見を伺いました。
年金を守って欲しいとの強い意見を頂きました。

2012年1月20日(金)
今年、東京で始めての大雪となりました。
私は長野出身ですので、本当に懐かしい気持ちになるわけでありますが、東京は本当に雪に弱いです。

2012年1月19日(木)
一般質問の原稿作り。
今回の第1回定例会で代表で一般質問に立ちます。
ご期待ください。

2012年1月18日(水)
民生児童委員の新年会に参加。
民生児童委員の方々については、日ごろより地域の相談役として様々な問題に対処していただき本当にお世話になっております。今回の地震で、災害時要援護者の担当がすべて民生児童委員に任すことは不可能であります。
私は向こう3軒両隣言うように地域の交流をもっと深め、いざとなったときにはご近所どうして助けあっていく事が基本であると考えます。

2012年1月17日(火)
町会連合会の新年会。
町会加入率が50%をきっています。
今後区と協働でしていかなければならない仕事も沢山増えてまいります。
町会の高齢化も進んでいます。若い方は是非、積極的に町会に参加してください。

2012年1月16日(月)
こんどの個人情報保護審議会で以下のことが審議されます。
現在、個人が情報を取りに行けない場合や。代理人にどうしても情報が必要な場合の情報開示が審議されています。
個人の情報を厳密に守ると開示できない。両面の必要性が問われています。
少し条件によってはできる規定を作らなければならないと感じました。

2012年1月15日(日)
民団練馬区支部の新年会に出席。
今年から韓国の大統領選挙に在日の方々も投票できるとお聞きし大変うれしく思いました。
選挙で一票投じることが出来ることは基本的人間の人権であります。
2012年1月14日(土)
歯科医師会の新年会に出席。
練馬区の歯科医師会の方々が被災地で亡くなられた方々の、歯の認証を行ったことを聞いて本当に感謝申し上げます。健康の基本は歯から。

2012年1月13日(金)
小学校の新年会。消防団の始式。土地家屋調査士の新年会。江古田銀座商店街の新年会。
青葉会の新年会。5ヶ所の新年会に出席しました。

2012年1月12日(木)
区職労の旗開きに出席。
労使ともども、この日本の復興に全力で立ち向かっていかなければ明日の日本はありません。

2012年1月11日(水)
東京都浴場組合の新年会に参加。
おふろやさんも大変苦労されて、経営をしています。
現在練馬区には、約30件のおふろやさんしかありません。
行政の支援を行ってきましたが、さらに必要であります。
これからは、地域コミュニテイの場、介護予防の場に発展させてはと思います。

2012年1月10日(火)
商店街の新年会に出席。
本当に不況の波が押し寄せており、景気をなんとかしてくれとの声を頂きました。

2012年1月9日(月)
本日、成人の日。
練馬区では6500名の方が成人式を迎えられ参加されたのは4100名でありました。
明日の日本を背負って立つ成人に期待。

2012年1月8日(日)
昨年よりは今年が良くなるとの見方が多くあります。
なんとしても、今年は盛り返して復興しなければなりません。
仙台は、今復興、特需で盛り上がっています。是非、全国に波動が起きればと思います。


  (ネコも正月疲れ)
2012年1月7日(土)
本日、栄町の新年会が栄町会館で行われました。
今年こそはとの気持ちで皆さんスタートしています。
消費税については、使われる内容が明確にならないと反対だとの声を頂きました。


(家の梅が咲きました)
2012年1月6日(金)
本日、練馬区の賀詞交換会が行われました。
この練馬区が日本で1番住みやすく魅力的なまちになるよう頑張ってまいります。

2012年1月4日(水)
本日より仕事始めであります。
区役所の方々との新年の挨拶をさせて頂きました。

2012年1月3日(火)
今年はなんだか全く違った正月でありました。
正月という気分は全くない。

2012年1月2日(月)
新年の街頭演説会を12時30分に練馬駅南口で行いました。
今年こそわと頑張ってまいります。

2012年1月1日(日)
新年あけましておめでとうございます。
昨年は本当に激闘な1年でありました。
100年に一度いや1000年に一度あるかないかの大きな災害があり日本中の国民が国難ともいえる事態に立ち向かって行く1年でもありました。
この中で本当の政治が求められていると確信しています。
メッキは必ずはげる。
今こそ命を張って国民の生活を守るべき時であります。
様々な方と新年の挨拶をさせて頂きました。
一対一の対話の中にこそ真実があると思います。



Copyright (C) 2006-2011 宮原よしひこ All Rights Reserved.