練馬区議会委員 練馬区議会 公明党

宮原(みやはら) よしひこ Miyahara Yoshihiko

誠実!スピード!実行力! ―「ひとりの声を 皆さまのために」

 主張01:練馬区の健康増進施策について

国は21世紀の我が国を、すべての国民が健やかで心豊かに生活できる活力ある社会とするために「21世紀における国民の健康づくり運動」健康日本21を進め、平成15年には、健康増進法が施行されました。
 当区に於いては、国に先駆けて平成13年に「練馬区健康づくり総合計画」を策定し健康都市練馬区宣言を行いました。この総合計画は平成13年から22年までの10年間と定めておりましたが、様々な社会状況の変化に対応するため、本年見直しを行い長期計画と同様に18年度から22年度までの5ヵ年計画で健康づくり総合計画を改正することとなりました。現在素案が発表されておりますが、これらの事を踏まえ提案と質問を何点か致します。

 第1点目に平成13年の練馬区健康づくり総合計画を策定し、健康都市練馬区宣言を行った以降の事業に対して、その効果をどの様に評価しているのか、お伺い致します。

 第2点目に健康づくりの目標値についてであります。
健康ねりま21には1日の野菜摂取量が成人で現状の228グラムから350グラム以上の摂取量を目標としており、その他、適正体重、健康運動などの目標値を設定しておりますが、まだ充分に周知されていない様に思われます。自分の健康は自分で守るとの観点からこの目標数値をもう少し分かりやすく具体的にして区民の方々に周知し、健康に対する意識を高めていくべきと思います。お考えをお伺い致します。

 第3点目に「練馬健康の日」の設定と「健康まつり」についてであります。
 私は練馬全区で年1回は、健康について考え、更に日常の健康運動を進めるうえで、健康都市練馬区宣言を行った区として「練馬健康の日」を定めるべきと思います。そして、なんらかのイベントを行い意識啓発をすべきと思います。
例えば10q程度の練馬区民マラソンとか、健康ウォーキングなど多くの区民の方々が参加できるイベントを行い、更に健康増進に役立て頂くために、体力測定、生活習慣病のチェック、健康づくり体操などを行う健康まつりを同時に開催すべきと提案いたします。練馬区としては練馬まつりで、健康フェスティバルが行われておりますが、さらに発展させて健康中心とした位置づけで5月頃、開催をしたらどうかと思います。
ご所見をお伺い致します。
内閣府が行った世論調査によると、今後行ってみたい運動、スポーツに対してウォーキング運動が39%で1位でありました。          また総合計画の中には、一次予防に重点を置いた対策が重要視されています。この施策に合致するものと考えます。お考えをお伺い致します。
愛知県尾張旭市では市民と行政一体の全市的な健康運動を展開し、健康都市推進室が設置され様々なイベントが開催されております。また先日、視察にお伺いした、富山市の立山町ではヘルスウォーキングと立山アルペン健康マラソンが行われ、町長をはじめ、多くの方々が参加されております。                毎朝自らヘルスウォーキングを実践されている志村区長が、是非とも練馬区で、この様な健康増進施策を進めて頂くよう強く要望いたします。ご所見をお伺い致します。

第4点目に若者の健康対策についてであります。
総合計画の中には、人生の早い時期から健康に良い生活習慣を身につけるために、栄養、運動、休養に係わる生活習慣の改善を促す事が必要であるとされております。
若者の健康増進する観点から現在人気のあるフットサルのできるスポーツ施設の拡充を要望致します。区では運動場5カ所、体育館5ヵ所でフットサルができる施設はありますが、体育館によってはシュートができない所もあり、練習する場所が不足しております。また夜間できる会場が限られております。是非これらの事に対応するために、通常の体育館でもフットサルができるようネットの設置と大泉さくら運動公園に夜間照明を設置し、若者のスポーツを楽しめる場の確保を強く要望いたします。お考えをお伺い致します。

Copyright (C) 2006-2007 宮原よしひこ All Rights Reserved.