練馬区議会委員 練馬区議会 公明党

宮原(みやはら) よしひこ Miyahara Yoshihiko

誠実!スピード!実行力! ―「ひとりの声を 皆さまのために」

 主張15:鉄道駅のバリアフリーについて

先ず初めに、今、国会においてガソリン税など道路特定財源の暫定税率の維持を含む税制関連法案が2月29日の衆院通過から1ヶ月もの間、参院で一度も審議されないまま新年度を迎え、ガソリン税の暫定税率の期限が切れてしまいました。これにより新年度の予算の中で47都道府県のうち36道府県が道路事業など一部予算の執行を保留する事態となり、全国で4000ヶ所の生活道路整備事業が凍結され国民生活や地方財政に大変大きな混乱が生じたのであります。
この混乱をまねいた責任は、参院第1党の民主党が、自ら参院に対案を提出しておきながら、1ヶ月以上も審議せず放置したことにあります。どう考えても責任ある政党の対応とはいえないものであります。
幸いにも4月30日衆議院で再議決され道路特定財源の暫定税率維持がきまり、5月13日に道路財源特例法が成立し、各地方自治体の大事な財源が確保されたのであります。
そこで区としてこの道路特定財源に対してどのような認識を持ち、どのように評価しているのかお伺いいたします。またもし、この財源が練馬区に降りてこない場合どのような状況になるのか、お伺いいたします。

現在西武池袋線の練馬高野台駅以西の高架化事業と石神井公園駅のバリアフリー化が進められておりますが、近隣の方々は長年まちにまった事業でありますし、道路特定財源の収入がなければこの事業を進めることが出来ません。また大江戸線の延伸、その他関連したまちづくりに対して反対した政党はこの大事な事業をどのように考えているのでしょうか。この高架化事業に対する影響と現在の進捗状況をお伺いいたします。

次に江古田駅のバリアフリー改築工事とまちづくりについてお伺いいたします。
江古田駅のバリアフリー改築工事がいよいよ今年の夏よりはじまります。この江古田駅のバリアフリーは地域の皆様の悲願であり、これまでの関係の皆様に心より感謝するしだいであります。また当初の計画ではスペースの問題で北口の日大芸術側にはエスカレーターがついていませんでしたが、住民の強い要望により上りのエスカレーターを設置できるようになったことを、高く評価致します。
この江古田駅は駅とまち一体的に改善する事業として国土交通省より認可を受けてまちづくりも進めていくことになります。
そこで現在地域で要望されている問題について数点お伺いいたします。

第1点目に駐輪場についてであります。
今回駅の改築にあわせて駅近くに駐輪場を計画されておりますが、駅前の放置自転車対策をどのように考えているのかお伺いいたします。またなるべく駐車台数を多くし、バイクの駐車も確保すべきであると考えます。お考えをお伺い致します。

第2点目に南口の駅前広場についてであります。
駅前広場については、いままでの2倍の広さに拡充されます。是非、駅前ひろばが有効に活用されるよう検討して頂きたいと思いますが如何でしょうか。また駅前の花壇の設置を要望いたします。お考えをお伺い致します。

第3点目に江古田らしい駅についてであります。
江古田駅は日本大学芸術学部、武蔵大学、武蔵野音楽大学の三大学が集まる全国でも有名な駅であります。この三大学からのアイデアを採用する事となっておりますが、現在どの様な事が検討されているのでしょうかお伺いいたします。いずれにせよ、すばらしいアイデアにより新たな江古田らしい駅になるよう要望します。

第4点目に南側のまちづくりについてであります。
江古田駅北側については地区計画をつくり、様々なまちづくりが検討されておりますが、南側については区としてどのようなまちづくりを考えておられるのか、お伺いいたします。
特に駅前に狭い道路が多くあります。是非地域の皆様とともに、まちづくりを考えて頂きたいとおもいますが如何でしょうか。

次に小竹向原駅のバリアフリーについてお伺いいたします。
この小竹向原駅については板橋区側にエレベーターとエスカレーターが設置されておりますが、練馬区側にはエレベーターが設置されておりません。6月14日より副都心線が開通し小竹向原駅は交通結節点となり今までの乗降客より伸びる事も予想されております。車イスを利用する障害者の方々は一度板橋区側に行かないと乗れない状況で、練馬区側から板橋区側までは約300mはなれており、大変に苦労されております。
是非東京メトロに積極的に働きかけ早期に練馬区側にエレベーター設置を強く望みます。区のお考えをお伺いいたします。またこのバリアフリーに対して、区からの何らかの支援をすることができるのかお伺いいたします。

合わせて全くエレベーター、エスカレーターのついていない氷川台駅に対しても、交通バリアフリー法の設置義務として平成22年までには必ず設置されるよう強く要望いたします。区のお考えをお伺いいたします。

(2008.5.26)

Copyright (C) 2006-2008 宮原よしひこ All Rights Reserved.